トリキュラーの代表的な副作用

トリキュラーは、いわゆる低用量ピルの一種で、望まない妊娠を抑制する避妊薬としての目的で広く利用されているものです。場合によっては更年期障害の女性がその症状を緩和するのに用いることもあります。
通常の用法としては、月経が始まった日から、飲み忘れなどがないように、毎日決められたとおりに継続的に服用することになります。
トリキュラーの場合には低容量であるため、他のピルに比べれば副作用のおそれは少ないものの、医薬品には多かれ少なかれ副作用はつきものであり、いくつか代表的な副作用も確認されています。
例えば、服用したときに吐き気や嘔吐があったり、頭痛がしたり、胸が張るような感覚がしたり、下腹部が痛くなるなどの副作用が挙げられます。
トリキュラーは、黄体ホルモンや卵胞ホルモンといった女性ホルモンと同様の作用によって、排卵や着床を抑制するという効果があります。体内でのホルモンのバランスは女性の体調に大きくかかわるものであるため、服用したときにこのような副作用が生じやすいのです。
こうした症状がひどい場合には、産婦人科などの医師に相談して、その指導を仰ぐことが勧められます。
また、このようなホルモンバランスに関連した副作用のほかにも、トリキュラーを服用すると血栓症になりやすいという副作用が知られています。
具体的には、足の痛みやむくみ、息切れがしやすい、胸や頭が突然痛くなる、急にものが見えなくなるなどの症状が感じられるようになります。
このような場合については、血液中にかたまりができて血管を塞ぎ、血液中の酸素や栄養素などが体内に行き渡らなくなる血栓症になってしまったおそれがありますので、いったんトリキュラーの使用をやめて、ただちに医師の診療を受ける必要があります。

▼関連サイト
避妊するならアイピルがおすすめ
トリキュラーの副作用が明記されている通販サイト